​なめこの豆知識

要加熱 

​なめこは必ず加熱調理してください。​

IMG_0655.JPG

■味噌汁のコツ

なめこは水から火にかけ、沸騰させない温度でゆっくり火を通すと、なめこの旨味がよく出ます。

IMG_1279.JPG

​冷凍保存できます。

なめこの消費期限(あくまでも推奨する期限です。保存状態によってはすぐに消費して下さい。)

 冷蔵…購入してから2~3日水分が出てぶよぶよになる前に消費して下さいね)
     

 冷凍1か月(すぐに冷凍した場合)

新鮮なめこの見極め

 なめこに張りがあり、水分があまり出ていない状態。

購入してからすぐに食べられない場合は冷凍保存がおすすめ。

 冷凍は袋ごと、または小分けにしてラップ・保存バックに入れて冷凍保存。

袋の中心を押してなめこを二等分にしてから冷凍すると、凍っても袋の真ん中をハサミで切って半分づつ使用できます。

■冷凍なめこ調理のコツ

必ず凍ったまま加熱調理

自然解凍すると食感がとても悪くなるのでオススメしません。​ただし、加熱調理済みのなめこを冷凍した場合は自然解凍してもOK.

冷凍なめこは袋からあけ、沸いたお湯に凍ったまま投入したら、火を弱め、沸騰させない温度でゆっくり加熱調理して下さい。

炊き込みご飯にもオススメ(なめこは凍らせた状態で炊飯)

冷凍なめこで炊き込みご飯.jpg
thumbnail_IMG_0263.jpg

​なめこレシピいろいろ

なめこと言えばお味噌汁やなめこおろしが定番ですが、パスタ唐揚げ、天ぷらにするのもおすすめです。

定番のなめこおろしをパスタにかけたら,簡単和風なめこパスタの完成!

なめこのヌメリを活用した麻婆なめこは片栗粉いらずの大好評のアイデア料理です。

このように、なめこには様々な調理法があるんです。ぜひ色んな料理をお試し下さい。

なめこ100レシピ.png

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

​なめこのヌルヌル 

なめこのヌルヌルの正体はムチンという成分。ムチンは胃や喉、小腸などの粘膜を保護してくれると言われています。

風邪予防や花粉症対策、二日酔い防止などに効果があるかも!

さらに食物繊維が豊富に含まれているため整腸作用に優れ、美容と健康維持のためにも積極に摂りたい食材です。